ゲームや動画作成をする時のパソコンの選び方

とりあえずネットやメール、ExcelやWordなどのオフィス系ソフトを使うだけというのなら、あまり性能を気にする必要はありません。
デスクトップなら6万円前後のもの、ノートでも10万円前後のものを購入すれば不自由無く使用することが出来ます。
メモリも8GBや16GBのものなら、ネットやオフィス系ソフトで困ることはないでしょう。

しかし、上記に挙げたようなパソコンで、多くの処理を必要とする3Dゲームや動画作成を行なうとなると動かすのは難しいです。
これらに重要な項目はメモリよりも「グラフィック性能」ですので、グラフィックボードに注目してパソコンを選ぶと良いでしょう。
逆にゲームや動画編集を全くする予定がないという方は、グラフィックボードは必要ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る